炭鉱関連資料

書籍



高島町文化史

書籍名 高島町文化史
著者  松尾兼冶
発行所 高島町役場
発行日 1949年1月1日
定価  非売品

 




福岡県−新風土記−

書籍名 福岡県−新風土記−
発行元 岩波写真文庫
編著者 
発行   昭和33年8月
定価   \100

 鉄と石炭に育てられた都市群と、九州で最も豊かな水田地帯。これが福岡県の二つの顔である。面積は小さいが、人口は東京、 北海道、大阪についで全国第4位・・・(序文より)。炭鉱で働く人たちの貴重な写真が多数掲載されている。




三池争議 組合運動の転機を示す

書籍名 三池争議 組合運動の転機を示す
発行所 極東出版社
編者 極東事情研究会
発行   1960年9月6日
定価   \280

 資本側がみた三池闘争の実相と教訓




三井三池 - たたかいの記録 -

書籍名 三井三池 - たたかいの記録 -
発行所 三一書房
発行者 諌山 博
発行   1960年9月6日
定価   \150

 このたたかいは労働権の擁護としてたたかわれ、いまや民主主義のトリデの意味を持ち、国内・国外労働者の連帯感をよび起している。 三井三池の闘争は日本労働運動史上に輝かしい足どりを残すであろう!(同表紙より)




写真集 三池 - 200日の闘いの記録 -

書籍名 写真集 三池 - 200日の闘いの記録 -
発行所 麦書房(東京都文京区)
発行者 篠崎五六
発行   1960年9月15日
定価   \100

 「未知と可能をそっくり日本中の働く人たちの胸に伝えたい!」という熱い想いで編集をつづけた(同写真集より)




風刺前線

書籍名 風刺前線 - 三池炭労争議警備マンガ日記 -
発行所 熊本県警察本部
編集者 熊本県警察本部
発行   昭和35年10月20日
定価   非売品(実費配布)

 昭和35年3月27日、われわれは世紀の大争議といわれている、三井三池争議の警備に出動しました。ややともすれば軌を 越えようとする争議行為を日夜見守りつつ必死になって不法行為の防止、炭住街の治安確保に努力を続けて来ました。三池 労組も中労委あっせん案受諾にふみきり、四ッ山に、緑ヶ丘に漸く平和の光がみえはじめています。このときに、苦しかった 警備勤務を笑いの中に偲ぶ思い出のよすがにもと、陣中新聞「やまの灯」に連載された松永君の漫画を一冊に集録しました。 (編集のことばより)




三池のあしあと


書籍名 三池のあしあと
発行所 三池新労・三池職組
編集者 三池新労・三池職組
発行   1960年
定価   非売品

 三池争議写真集。三池労組の批判で終始し、三池新労史としては中身がない。




追われゆく坑夫たち


書籍名 追われゆく坑夫たち
発行所 岩波新書
著者   上野英信
発行   昭和35年8月20日
定価   \100

 大手資本の安全弁として、苛酷な奴隷労働と飢餓生活に苦しめられている中小炭鉱の状態を内面から追求する




作文集・三池のこども


書籍名 三池のこども
発行所 新読書社
編者  新読書社編集部
発行  昭和35年8月30日

 闘いの中から生れた作文集 日本子供を守る会




資料 三池争議

書籍名 資料 三池争議
編著者 三井鉱山株式会社
発行所 日本経営者団体連盟弘報部
発行日 昭和38年1月1日
頒価  2500円

 ・・安易な妥協は、かえって労使ともに不幸な結果をもたらす・・・率直な反省の記録であります(発刊のことば)




働くものの月刊学習誌「まなぶ」別冊1

書籍名 働くものの月刊学習誌「まなぶ」別冊1
発行所 労働大学
編集者 山口敏一
発行   昭和38年12月1日
定価   \50

 緊急特集・労働者は命まで売っていない〜三池大変災と国鉄鶴見事故にみる合理化の実態




三池労組定期総会

書籍名 三池労組定期総会
発行人 宮川睦男
発行所 三池炭鉱労働組合
発行日 1964年6月7日

 三池闘争に関して逮捕され刑事被告事件に問われた198名の仲間の記録等 




生命あるかぎり

書籍名 生命あるかぎり
編集 総評・炭労・三池労組
発行 総評・炭労・三池労組
発行日 1967年4月1日

 CO中毒特別立法制定へのたたかい 




どきゅめんと 筑豊

書籍名 どきゅめんと 筑豊 - この国の火床に生きて -
発行所 社会新報
著者   上野英信
発行   昭和44年7月30日
定価   \320

 彼らの中には三池の離職者はひとりもいない。にもかかわらず彼らは、異口同音に、三池への激励をささげる。 「三池こそ日本の思い出です。三池のことは一生忘れません」。三池だけが、彼らが祖国に残してゆくただひとつ の魂のふるさとなのである(文中「さよなら三池」より)




「みいけ20年」パンフレット

冊子 「みいけ20年」パンフレット
発行 労働旬報社

 三池炭鉱労働組合史(定価3200円)のパンフレット




みいけ20年


書籍名 みいけ20年
発行所 労働旬報社
編者   三池炭鉱労働組合
発行   昭和42年2月1日
定価   \3200

 資料編との2冊組。限定500部。三池闘争を語り継ぐ闘いの記録




みいけ20年資料編

書籍名 みいけ20年資料編
発行所 労働旬報社
編者   三池炭鉱労働組合
発行   昭和43年6月15日
定価   \3200

 みいけ20年との2冊組。限定500部。三池闘争を語り継ぐ闘いの記録




生命の炎

書籍名 生命の炎 第8号
発行所 CO患者を守る青年の会
発行   昭和43年6月16日

 もくじ「埋もれたCO患者たち」「詩・三池のきょうだいへ」「投稿・私の4年間」「資料・CO遺族の闘争推進について」




石炭史話

書籍名 石炭史話 - すみとひとのたたかい -
発行所 謙光社
著者   朝日新聞西部本社
発行   昭和45年1月8日
定価   \1500

 この百年、個々の炭鉱、あるいは炭鉱主についての資料はあるが、総合的に、しかもシンを貫いた記録はない。 いまここで、そうした努力をしておかないと、やがてナダレ閉山とともに資料、証言者は散逸してしまうのでは ないだろうか。・・・単なる石炭鉱業史に終わらず、人間とスミのドラマ、いいかえるとヒューマニズムのたて糸 を通すことに努めた。(まえがきより)




みいけつづり 

書籍名 "みいけ"つづり 
発行所 三池炭鉱労働組合
編集者 三池炭鉱労働組合
定価   非売品

 昭和45年8月1日(第897号)から同46年7月16日(第920号)までの三池労組機関紙「みいけ」の実物を綴った貴重な資料
 購読料は年間600円だった。




愛よよみがえれ

書籍名 愛よよみがえれ
著者  田原総一朗・清水邦夫
発行所 栄光出版社
発行日 1967年9月1日
定価  360円

 三井三池三川鉱大爆発が生んだ「大量後遺症」。その「悲劇に生きる妻の叫び」。




森永ヒ素ミルク中毒事件

冊子名 森永ヒ素ミルク中毒事件 福岡県下高校生の実態
発行者 中川美津子
発行  昭和47年

 わが子を森永ヒ素ミルク中毒公害により奪われた、福岡県立大牟田北高等学校元養護教諭が作成した調査資料




三池主婦会20年

書籍名 三池主婦会20年
発行所 労働大学
編集者 三池炭鉱主婦会
発行   昭和48年5月25日
定価   \1500

 「女だてらに鉢巻をして何しよっとか」と地域から陰口をたたかれながら、母ちゃんたちは「首切り反対!」と叫びながら 夫とこどもたちと仲間たちのために闘った。そんな名もない親たちの歴史がここにある・・・。




筑豊の女坑夫たち

書籍名 部落史シリーズ1 筑豊の女坑夫たち
発行所 部落問題研究所出版部
著者   新藤東洋男
発行   昭和49年7月7日
定価   \1000

 「女坑夫、東コトの権利要求は、戦後の炭鉱労働組合の運動の中で実を結び、それが安保闘争とともに闘った"三井三池闘争"の エネルギーを生み出していったのでした。」と本文の中で語る新藤東洋男さんは、大牟田市の元中学校教諭。特に炭鉱の歴史と部 落問題に詳しい。




シナリオ

シナリオ 労働大学20年と三池の闘魂
発行   昭和49年1月9日

 合唱詩劇 原作・労働大学 脚本・福田公男




生命を守る反合理化闘争

書籍名 生命を守る反合理化闘争
発行所 三池炭鉱労働組合
発行   昭和49年9月1日

 裁判闘争勝利にむけて(三池からの報告 第三集)




自主講座第54号

書籍名 自主講座第54号
編集代表 宇井純
発行 「自主講座」編集室
発行日 昭和50年9月10日
定価  300円

 カナダインディアン ドライデン水俣病代表団声明、旧松尾鉱山鉱害と被害者(上)、三池CO訴訟と棄てられた民の覚え書、 日本化学は韓国から撤退せよ!(「目次」より)




石蕗の花が咲きました

書籍名 詩文集「石蕗の花が咲きました」
著者  高椋龍生
発行所 労働大学
発行日 1975年11月20日
定価  380円

「はたらいてなめるにがい味 からい味 酸っぱい味。甘い味のするのは そのあとだ。」 元三池炭鉱労働者が綴る詩文集




炭塵爆発 第七号

書籍名 炭塵爆発 第七号
発行  三井三池CO裁判を支援する会 編集  『炭塵爆発』編集グループ
発行   1976年1月発行
頒価  400円

 三井三池CO裁判闘争機関誌 隔月刊




やがてくる日に

書籍名 やがてくる日に
編集   三池労組本所党員協議会
発行   1977年5月1日発行

 この冊子は、灰原茂雄「日本に於ける社会主義運動の課題」、塚元敦義「前進の旗をかかげて」の講演の内容を記録したものである。




月刊ダン12月号

書籍名 月刊ダン12月号
発行所 北海道新聞社
編者   北海道新聞社
発行   昭和52年12月1日発行

 特集 閉山の記録「豊里小(赤平)6年2組」41人のそれからの10年。
 昭和41年、「佐藤総理大臣様、炭鉱(ヤマ)をつぶさないで下さい」と、当時の総理大臣に手紙を書いた北海道赤平市 豊里炭鉱の小学6年生の少女がいた。しかし、その訴えも空しく、昭和42年そのヤマの灯は消えた。閉山は、ヤマの子らに 何をもたらしていったのか・・・・。




三池主婦会25周年 記念文集

書籍名 三池主婦会25周年 記念文集
発行  三池主婦会
発行日 1979年8月25日
定価  非売品

 今から25年前、井戸端会議で(中略)古い因習や迷信、人のうわさ話などでしか世の中を見ることができなかった私たちでした。 働いても、働いても、貧乏から逃れることができない日々を、「夫の甲斐性のないせいだ」とか「運が悪いのだ」と思い、愚痴とあきら めの生活であったといえます。ところが1953年7月、三池主婦会を結成したときから、夫とともに資本とたたかい、学習するという、 労働者の妻として生まれ変わったといえるでしょう。(「発刊によせて」より)




三池炭鉱史

書籍名 三池炭鉱史
発行所 教育社
著 者 上妻幸英
発行日 1980年10月20日
定価  800円

 日本最大の規模を誇りわが国近代化の推進を担った三池炭鉱と炭鉱労働者の実態を描く(同表紙より)




写真集 荒尾

書籍名 写真集 荒尾
発行所 図書刊行会
編者  麦田静男
発行  昭和55年12月20日
定価  \4800

 ふるさとの思い出・写真集シリーズの一冊。明治・大正・昭和の貴重な写真と文で綴る。特に三池炭鉱関係の写真が貴重。




あのとき私は

書籍名 あのとき私は
発行所 労働教育センター 
編集者 三池を闘った私たちの記録刊行委員会
発行  昭和56年3月10日
定価  \1300

 三池を闘った私たちの記録刊行委員会ー三池関東不知火会、三池関西不知火会、福岡CO守る会、熊本三熊会、三池炭鉱 労働組合、三池主婦会による記録




囚徒番号七十号坑夫

書籍名 囚徒番号七十号坑夫
発行所 創思社出版
編著者 武松輝男
発行  昭和57年11月20日
定価  \1800

 囚徒墓が、その後の三池炭鉱のさまざまな出来事を見守っていていたことであろう。そして、どういう感慨をもつていたか、 聞いてみたい、と思うときがある。彼等は言うだろう。炭坑は、俺たちのときと何ひとつ変わっていないではないか。かえって 事故の規模が大きくなって、死亡する人数が多くなったではないか、と。(あとがきより)




悲しみを怒りにかえて

書籍名 悲しみを怒りにかえて - またも三井の大量殺人 -
発行所 三池炭鉱労働組合
編集者 三池炭鉱労働組合編集部
発行   昭和59年3月1日
定価   \500

 抵抗なくして安全なし 安全なくして労働なし。昭和59年1月18日、三井三池鉱業所有明鉱において坑内火災が発生、83人が死亡、 16人がCO中毒患者となる、戦後炭鉱災害史上四番目の大惨事となった。これはその三池からの報告である。




三池の主婦の手記

書籍名 三池の主婦の手記
発行所 労働大学
編集者 三池炭鉱主婦会
発行  昭和59年5月12日
定価  \1500

 三井の労務管理政策によって働いても貧乏をどうすることもできず、あきらめと劣等感のなかで家庭大事と家庭の中でまで 忠誠を誓わされていた主婦たちが1953年7月20日重苦しい支配からの解放と貧乏からの脱出を目指して立ち上がり、会社の掌握 する婦人会を脱退し三井鉱山の圧力と妨害をハネのけ、夫たちとともに闘う主婦会を結成した(発刊のことばより)




いまあえてわが三池

書籍名 いまあえてわが三池
発行所 朝日新聞西部本社
著者   久保田武巳
発行   昭和60年12月1日
定価   \1500

 三池闘争時、三池労組副組合長であった久保田氏の「闘いに燃えた私の追憶」




写真万葉録 筑豊

書籍名 写真万葉録 筑豊
発行所 葦書房
監修   上野英信・趙根在
発行   昭和59年4月10日〜昭和61年12月10日
定価   各\1800

@人間の山A大いなる火(上)B大いなる火(下)Cカンテラ坂D約束の楽土 E続・約束の楽土 F6月1日 G地底の子Hアリラン峠I黒十字 の全10巻完結。これら写真集の中に、我々が切り捨てた日本人の原点がある。




写真集筑豊のこどもたち

書籍名 写真集筑豊のこどもたち
発行所 小学館
編著者 土門拳
発行  昭和60年4月26日
定価  \4800

 昭和35年、土門拳は、ザラ紙、中綴、定価100円で「写真集筑豊のこどもたち」を出版した。それは「僕の写真集は 丸めて捨てられてもいい。ただ、今の筑豊の現状を一人でも多くの人に知ってもらいたかった」という。彼はまた、 三池争議も取材した。しかしそれは、三池炭鉱があった大牟田市も筑豊地方であると誤解してのことであったらしい。




労働者作曲家荒木栄の歌と生涯

書籍名 労働者作曲家荒木栄の歌と生涯
発行所 新日本出版社
編著者 神谷国善
発行   昭和60年10月25日
定価   \1800

 「安保闘争は三池闘争をつつんで発展し、三池闘争は安保闘争を支えて発展した」と言われている中で、三井三池製作所時代、 「がんばろう」等の歌をはじめ70数曲を作った労働者作曲家荒木栄を語る貴重な本。




三池闘争の記録

書籍名 三池闘争25周年記念出版「三池闘争の記録」
発行所 三池炭鉱労働組合
編集者 三池炭鉱労働組合編集部
発行   昭和60年12月1日
定価   非売品

 機関紙「みいけ」縮刷版(昭和34年8月2日〜同35年12月18日分)、日刊情報(1号〜270号)




去るも地獄 残るも地獄

書籍名 去るも地獄 残るも地獄 - 三池炭鉱労働者の二十年 -
発行所 ちくま文庫
著者   鎌田慧
発行   昭和61年9月24日
定価   \420

 「総資本対総労働の闘い」であった三池の大争議から20年。さらに、死者458名、CO中毒患者839名を出した三川鉱の 炭塵大爆発から10年。ヤマを去った人たち、残った人たち。患者と家族・遺族がたどった永く苦しい受難のドラマ。労働 者たちの物語(解説 上野英信)




三池労働者と共に

書籍名 三池労働者と共に・宮川睦男の生涯
編者 宮川睦男を偲ぶ会
発行 労働教育センター
発行日 1985年9月30日
定価  1500円

 「安保と三池」から25年になった(中略)私たちをめぐる社会や、自然や、人の生き方に、さまざまな変化をもたらしたことは 確かだろう。記憶にあるものは忘れ去られ、あるものは広島の原爆ドームの執念のように、忘却の風を拒んでいるものがある。 (中略)あと十年か二十年たったら、記録された遺産としてしか人々の耳目にふれることはないであろう(「序にかえて」より)




炭鉱(やま)に生きて

書籍名 炭労40年史写真集 炭鉱(やま)に生きて 
発行所 日本炭鉱労働組合
発行   平成2年年12月発行
定価   非売品

 最盛期には853を数えた炭鉱も、いまでは大手・中小あわせて20、組合員も30万人から3500人となりました。現在、 これ以上の閉山・縮小をさせないため、第9次石炭政策の確立を求めて起ち上がっています。この写真集は、私たち の40年間のたたかいと、団結と、暮らしの記録です。これまで炭労のたたかいを支えてくれた全国の皆さんに感謝 します。(発刊にあたってより)




清算されない昭和

書籍名 清算されない昭和 - 朝鮮人強制連行の記録 -
発行所 岩波書店
著者   林えいだい
発行   平成2年年9月7日
定価   \1900

 写真と文で、抹消してはならない昭和史の恥辱と教訓を語る




風雪

書籍名 風雪 - 激動と苦難をのりこえて -
発行所 三池炭鉱新労働組合
編者   三池炭鉱新労働組合30年史編纂委員会
発行   平成2年3月
定価   非売品

 日本の労働界は官民含めた全国統一を実現させ、新しく連合としてスタートを切りました。また奇しくも、この時期に 東欧諸国において一党独裁打倒の民主化運動が一斉におこり成功を遂げています。こうした内外の動向は、階級的労働運動 の誤りを立証する何ものでもなく、それだけに我が新労組が一貫して推進してきた民主的労働運動の正しさと果たしてきた 役割を今更ながら誇りに思うものであります。(30周年に想うより)




三池闘争30年をふり返って

書籍名 みいけ−三池闘争30年をふり返って−
発行所 三池炭鉱退職者の会
発行   1990年3月18日
定価   非売品

 




三池CO闘争の報告第8号

書籍名 三池CO闘争の報告第8号
発行所 三池CO現地共闘会議
編者   三池CO現地共闘会議
発行   平成2年7月10日
定価   非売品

 三池CO闘争は、昭和38年11月9日三川坑内大爆発からはじまった




炭労 - 激闘あの日あの時 -

書籍名 炭労 - 激闘あの日あの時 -
発行所 日本炭鉱労働組合
編集者 激闘あの日あの時編纂委員会
発行   平成4年4月
定価   \3000

 戦前から最近までの近代日本は炭鉱その労働者を措いて考えられない。それは地底からの叫びでもある。組合の結成、 その闘い、その連結は「叫び」の一つの現れにすぎない。・・・またとない貴重な語りに満ちた記録である。(奥田八二福岡県元知事)




あらお

書籍名 あらお
発行所 熊本県荒尾市
編集   熊本日日新聞情報文化センター
発行   平成4年4月1日
定価   非売品

 市制50周年記念誌。三池炭鉱に関する写真も掲載されている。




たたかいの炎燃やして

書籍名 たたかいの炎燃やして
発行所 三池炭鉱労働組合
編集  三池炭鉱労働組合
発行   1993年2月10日

 不当解雇反対・裁判闘争の記録 1988年〜1992年




軍艦島 - 海上産業都市に住む -

書籍名 軍艦島 - 海上産業都市に住む -
発行所 岩波書店
編者  伊藤千行・阿久井喜孝
発行  平成7年2月24日
定価  \2300

 ビジュアルブック水辺の生活誌シリーズの一冊。失われた故郷の風景が今も残る。




戦後50年その時日本は・三池争議

書籍名 戦後50年その時日本は 第2巻
著者  NHK取材班
発行  日本放送出版協会
発行日 1995年8月30日
定価  1845円

 三池争議 激突「総資本」対「総労働」、新日鉄誕生 攻防・巨大企業と公取委




戦後誌・光と影の記憶

書籍名 戦後誌・光と影の記憶
編者 朝日新聞西部本社
発行所 石風社
発行日 1995年10月20日
定価  1854円

 三池闘争の光と影など




鎮魂

書籍名 鎮魂
発行所 徳間文庫
著者   長尾三郎
発行   平成8年2月15日
定価   \580

 昭和62年1月、山一證券筆頭副社長・成田芳穂と三菱高島炭鉱労組書記長・山崎清嗣が前後して自決した。
そのノンフィクションである。




見知らぬわが町

書籍名 見知らぬわが町 - 1995真夏の廃坑 -
発行所 葦書房
著者   中川雅子
発行   平成8年5月31日
定価   \1000

 当時著者は高校生1年生。その夏休み、手製の本を10部作成したところからこの物語は始まる。




石炭の炎 21世紀へ繋ぐ

書籍名 石炭の炎 21世紀へ繋ぐ
著者   長谷川為美
発行   1996年6月

 大牟田市職員から市会議員を経て県会議員となった長谷川氏の産炭地への思い




加藤シヅエ

書籍名 加藤シヅエ
著者 加藤シヅエ
発行所 日本図書センター
発行日 1997年2月25日
定価  1854円

 三池炭鉱などで暮らした、ある女性政治家の半生




炭鉱地帯

書籍名 炭鉱地帯 11
発行所 日本民主主義文学同盟三池支部
発行   1997年4月25日

 日本民主主義文学同盟三池支部誌




閉山 - 三井三池124年 -

書籍名 閉山 - 三井三池124年 -
発行所 毎日新聞社
編者   毎日新聞社
発行   平成9年4月30日
定価   \1800

 戦争直後の「黒ダイヤ」時代から、60年安保世代をゆるがせた大争議、そして石炭産業の低落へ。大きな弓形を描く盛衰の 記録がここにある。「三井三池」の名は、産業史の1コマではない。光と影が織り成す、近代日本の心ゆさぶる記憶である。 平成9年3月30日、三井三池炭鉱は1世紀を超える歴史を閉じた。(本文より)




写真記録帖わが三池炭鉱

書籍名 写真記録帖わが三池炭鉱
発行所 葦書房
著者   高木尚雄
発行   平成9年4月25日
定価   \2500

 元炭鉱マンの高木さんが40年に渡り愛惜を込めて記録した働く仲間たちの写真で綴る炭鉱史




炭坑の灯は消えても

書籍名 炭坑の灯は消えても - 三池鉱炭じん爆発によるCO中毒の33年 -
発行所 日本評論社
著者   原田正純
発行   平成9年12月20日
定価   \2600

 1997年3月30日、三井三池炭鉱は閉山し、炭坑の灯は消えた。しかし、その34年前の炭じん爆発による被害はいまも消えない。 本書は"炭じん爆発ー三池三川鉱の一酸化炭素中毒" をわかりやすく要約し、33年目の一斉検診と閉山後の動きを加えて編まれたものである。(日本評論社)




閉山

書籍名 閉山
発行所 岩波書店
著者   奈賀悟
発行   平成9年9月16日
定価   \1200

 明治以来、一世紀以上に亘る国策会社三井三池炭鉱の盛衰を追った元朝日新聞大牟田通信局記者によるドキュメンタリー




閉山

書籍名 三池閉山
発行所 葦書房
著者   毎日新聞西部本社取材記者 友田道郎
発行   平成9年12月10日
定価   \1500

 明治以来、一世紀以上に亘る国策会社三井三池炭鉱の盛衰を追った元朝日新聞大牟田通信局記者によるドキュメンタリー




穂波町ものがたり(炭鉱編)

書籍名 穂波町ものがたり(炭鉱編)
発行所 福岡県嘉穂郡穂波町教育委員会
編者   福岡県嘉穂郡穂波町教育委員会
発行   平成10年11月6日

 筑豊でも数少なくなったボタ山。それは石炭で栄えた歴史を伝えるこの町のシンボルです。・・・これを後世に伝えて ゆかねばなりません。しかし、そうした歴史は人々の記憶から徐々に薄れつつあり、石炭にかかわってきた人たちから石 炭のこと、炭坑のことを聞くには今の時代を逸してはなりません。(穂波町長による発刊のことばより)

 炭鉱を知らない人々や後世の人々に、本町のシンボルとなっているボタ山の由来と共に、炭鉱にまつわる色々なこと を知らせることは、私の世代の大事な役割と考えます。(穂波町教育委員会教育長による発刊のことばより)




不知火

書籍名 不知火 - 大牟田警察署112年の歩み -
発行所 福岡県大牟田警察署
編集者 大牟田警察署沿革誌編集委員会
発行   平成11年3月1日
定価   非売品

 その内容の約半分が三池炭鉱のことに費やされている。警察が製作した割には価値のある資料ではなかろうか。それだけ、 警察史を語るにしても三池炭鉱との関わりが大きかったということであろう。




みいけ炭鉱労働組合史

書籍名 みいけ炭鉱労働組合史
発行所 三池炭鉱労働組合
編者   三池炭鉱労働組合
発行   平成11年3月30日
定価   \4000

 三井鉱山の非人間的な歴史を知る上でも、研究資料として価値がある




大牟田市における三池炭鉱関連の社宅調査報告書

書籍名 大牟田市における三池炭鉱関連の社宅調査報告書
発行所 大牟田市教育委員会
編集者 国立有明工業高等専門学校
発行   平成11年3月
定価   非売品

消えてしまった炭鉱住宅等の記録




太陽

書籍名 太陽 1999年11月号
発行所 平凡社
発行   平成11年11月12日
定価   1050円

特集・産業遺産の旅




三池闘争と私

書籍名 三池闘争と私
発行所 「三池闘争と私」刊行委員会
著者  藤澤孝雄
発行  2000年1月25日
定価  \800

 三池闘争時、三池労組執行委員だった藤澤孝雄さんの三池の記録史




三池闘争・CO闘争から学ぶもの

書籍名 三池闘争・CO闘争から学ぶもの
発行所 千葉CO共闘会議

発行  2000年3月13日
定価  非売品

 三池闘争時、三池労組書記長だった故・灰原茂雄さんの特集




三池争議 - 戦後労働運動の分水嶺 -

書籍名 三池争議 - 戦後労働運動の分水嶺 -
発行所 ミネルヴァ書房
著者   平井陽一
発行   2000年6月10日
定価   \2800

「総資本対総労働」の闘いと呼ばれた三池争議。本書の目的は、この争議がなぜこのように大規模かつ長期にわたって 争われたのかを知ることにある。(序書より)




60年安保・三池闘争

書籍名 60年安保・三池闘争
発行所 毎日新聞社
編者   毎日新聞社
発行   2000年9月30日
定価   \2381

 シリーズ20世紀の記憶




炭坑美人

書籍名 炭坑美人 - 闇を灯す女たち -
発行所 築地書館
編者   田嶋雅巳
発行   2000年10月20日
定価   \2500

 日本の地の底で男たちに負けることなく家族のために、真っ黒になって働いてきた元女坑夫のお婆ちゃんたちの豪快かつ繊細なお話




叫び

書籍名 叫び
発行  筑豊・三井三池じん肺訴訟原告団・弁護団
発行日 2001年1月
定価  非売品

 筑豊・三井三池じん肺訴訟最終意見陣述。時効差別のない救済を求めて・・・。 




忘れな草

書籍名 忘れな草
著者   山崎常雄
発行   2001年2月17日
定価   非売品

 熊本県荒尾市にお住まいの著者は90歳を過ぎたご高齢である。三井三池炭鉱万田坑で働いていた。母親もまた女坑夫であった。 そんな亡き母親を想って、この冊子を自費出版された。




冊子 人権連続講座講演録 第1集 - 三池と水俣から学ぶもの -
編集 大牟田市同和教育研究協議会
発行 2001年3月
定価 非売品

 大牟田市同和教育研究協議会では、1999年度の秋と冬の人権連続講座において6回にわたって、医者・研究者・マスコミ・ 当事者・弁護士の人たちにそれぞれの立場から、三川鉱炭塵爆発の実態やきびしい中で生き抜いてきた人たちの姿を語って いただいてきた。この冊子はその事実の貴重な記録である。




詩集 もう一つの三池・いのち

書籍名 詩集 もう一つの三池・いのち
著者   つきのしずお
発行   2001年5月18日
定価   \500

 三池闘争を闘ってきた元三池労組組合員によるいのちの叫び




資料「時効差別なき全員救済を」

書籍名 資料「時効差別なき全員救済を」
発行所 三池炭鉱じん肺訴訟原告団・弁護団
編者   三池炭鉱じん肺訴訟原告団・弁護団
発行   2001年5月15日
定価   非売品

 三井三池じん肺訴訟最終意見陳述




全国鉱山鉄道

書籍名 全国鉱山鉄道
発行所 JTB
著者  岡本憲之
発行  2001年10月1日
定価  \1400

 鉄道の原点"ヤマ" 軌道をもとめて




1960年・三池

書籍名 1960年・三池
発行所 同時代社
編者   「1960年・三池」写真展実行委員会
発行   2002年11月1日
定価   \3000

 撮影=城台巌+藤本正友+池田益実+三池労組写真班。2002年11月東京でその写真展が催された。




ゴッつあん

書籍名 ゴッつあん 
発行所 文泉堂
著者   甘木太郎
発行   2002年4月6日
定価   \1300

 三池鉱業所「くろだいや新聞」に46年にわたって連載マンガを描いたことに対し、ご苦労の意味をこめて感謝状と金一封を受く。 生まれてこのかた感謝状をいただくのははじめてである。さまざまな想い出がある作品、 46年間はたしかに長い。長いがわりと 気楽に描かしてもらってほんとうに有り難いことだった。人より感謝状をもらうのはおそらくこれきりであると思うが、わたしに とって一番”ほこらしい”賞状である。誰にもマネのできぬことである。ゴッつあんを含めもろもろの主人公たち喜んでくれ。 カアさん、大典、ありがとう(「ゴッつあん」序文より)。なお、甘木太郎さんは故人である。




第2陣「原告団通信」復刻版

書籍名 第2陣「原告団通信」復刻版
発行所 三池炭鉱じん肺訴訟原告団
編者   三池炭鉱じん肺訴訟原告団
発行   2003年3月1日
定価   非売品

 じん肺原告団の1998年4月から2002年11月までの機関紙「原告団通信」第1号〜58号が収められている。まえがきで、 団長の宮崎さんは「この原告団通信は三池炭鉱原告団の三井鉱山との闘いの歴史でもあり、子供等に残してやりたい」 と語り、あとがきでは、編集委員長(副団長)の積さんが「日本や世界から”じん肺”をはじめ、労災職業病が根絶さ れて、団員や支援のみなさんに、一日も早くこの復刻版が思い出として語られるように願っている」と、これまでの闘 いに対する思いを語っている。その三池炭鉱じん肺訴訟原告団は2003年6月解散した。




ボタ山の見える教育

書籍名 ボタ山の見える教育
発行所 碧天舎
著者   横川輝雄
発行   2002年12月20日
定価   \1000

 ・・旧産炭地の地底の深い闇の中で、たくましく、やさしく生きてきた筑豊の、田川の、高校での生徒さんや保護者、 地域の皆さんの姿に、私は深く感動しました。その姿を表現してくれた皆さんの文やお話を、後世に伝えたいと思い、 この本を出版することにしました。「後世に伝えたい」、それだけが私の、この本を出版した願いです。(まえがきより)




プリーズ4月号

書籍名 プリーズ4月号
発行所 九州旅客鉄道株式会社
発行   2003年3月25日
定価   無料頒布

 三池炭鉱の近代化に一躍を担った明治の産業人・團琢磨の特集




にあんちゃん

書籍名 復刻版 にあんちゃん - 十歳の少女の日記 -
発行所 西日本新聞社
編者   安本末子
発行   2003年6月24日
定価   \1200

 「貧しくても助け合い希望を持って生きたころがあった!佐賀県の炭住を背景に両親を亡くした少女が兄らと懸命に生きる 姿を綴った不朽の名作(西日本新聞社)」で、昭和28年1月から昭和31年11月までの日記が綴られている。

 「・・校門を出ると、先生が、「おそくなったので」といって、あんぱんを二つかってくださいました。私はうれしいやら、 かなしいやらで、むねがいっぱいでした。家がびんぼうなので、こうしてもらってくらさなければならないのが、かなしかった のです。」(同日記より)




西表炭坑写真集

書籍名 新装版 西表炭坑写真集
発行所 ニライ社
編著者 三木健
発行   2003年6月24日
定価   \2005

 秘境の島と言われた西表島に、明治10年代から第二次世界大戦後までおよそ60余年もの歴史を持つ炭坑のあったことを知る人は少ない。 そしてその労働のすさまじさは沖縄近代史のなかでも他に類をみなかった。(プロローグより)




足で見た筑豊

書籍名 足で見た筑豊 - 朝鮮人炭鉱労働の記録 -
発行所 明石書店
著者   金光烈
発行   2004年2月15日
定価   \4800

 無数の犠牲者の呻き声が聞こえてくる・・・「歴史の闇に葬られてたまるか、恥を知れ、責任をとれ」と、彼らは時空を超え て訴えてきた(「まえがき」より)




三池炭鉱

書籍名 三池炭鉱
発行所 新日本出版社
著者  永野朝子
発行   2004年10月25日
定価   \2400

 この小説は、「しんぶん赤旗」に連載されていたものである。当時、社会党、日本共産党、全労連、部落解放同盟などが 三池闘争を支援していた。
 炭住で生まれ育った私ではあるが、当時まだ小学校2年生でしかなかった自分には、本の中に描かれているような闘争の 雰囲気はほとんど記憶にない。それだけに、小説「三池炭鉱」は事実に基づいた物語なのだろうかと少し衝撃的であったが、 両親が語らなかった苦労を知ることが出来、大変参考になった。




みいけ

書籍名 みいけ - 闘いの軌跡 -
発行所 三池炭鉱労働組合
編者   三池炭鉱労働組合
発行   2005年4月10日
定価   \

 戦後労働史にその名を刻んだ三池労組は、2005年4月10日、59年の歴史に幕を下ろした。これにより、一時代を画した 炭鉱労組は国内からすべて姿を消した。写真集はそれを記念して刊行されたものである。




戦後60年 犠牲者を遺族の元に

書籍名 資料集「戦後60年 犠牲者を遺族の元に」
発行所 朝鮮人強制連行調査団
編者   朝鮮人強制連行調査団
発行   2005年1月29日
定価   \700

 戦後60年、今もなお、日本の山や海の奥深く、戦時中鉱山等に強制連行された朝鮮人労働者たちの屍が放置されたままでいる。 朝鮮人強制連行真相調査団は、この事実は事実として明らかにしたいと訴えている。




柳川文芸ほりわり19号

書籍名 柳川文芸ほりわり19号
発行   2005年6月

 大牟田の歌人「山口好」の作品「炭内惨事」20首は、地底に叫ぶ魂の歌として、日本の短歌史上、永遠に残る作品である。




「鎮魂」歴史探訪 負の遺産

書籍名 「鎮魂」歴史探訪 負の遺産
発行   2005年9月1日
発行者  大牟田囚人墓地保存会 浦川守

 囚徒の鉱山労働だけを目的とする三池集冶監は私企業三井の貪欲な営利を目的とした炭鉱だった(同冊子より)




DAYS JAPAN 12月号

書籍名 DAYS JAPAN 12月号 - 特集・世界を動かした写真の50年 -
発行所 潟fイズジャパン
編集長 広河隆一
発行   2005年11月19日
定価   \820

 「三井三池闘争と子どもたち」というタイトルで土門拳の写真が特集されている。その説明の文中には「・・・全国から 集結した部落解放同盟が大牟田署を取り囲んだ壮絶なデモや第一組合と警官隊の乱闘などがあいつぎ、ますますエスカレート していく憎しみの街の片隅に忘れられたように子どもたちの姿があった。土門拳はまさにその子どもたちの孤絶のありさまを とらえた。」と書き記されている。
 しかし、この特集には大きな間違いがあることを述べておく。DAYS JAPAN 12月号の表紙を飾っている写真の少女は、筑豊 地方にあった炭住のこどもであり、三池闘争は大牟田市の三井三池炭鉱で起こったことである。
 土門拳は後に「三井三池炭鉱も筑豊の一部だと思っていた」と過ちを認めている。にもかかわらず、三池闘争集結から45年 を経た現在でもなおDAYS JAPAN は同じ過ちを繰り返している。
 そのことを指摘してもいまだDAYS JAPAN から何の返答もない。これでは「DAYS JAPAN」の報道の信びょう性を疑わざるを得ない。




強制動員口述記録集1

書籍名 強制動員口述記録集1 - タンコだって? -
発行所 日帝強占下強制動員被害真相糾明委員会
発行   2005年12月30日

 韓国国内でも強制動員生存者の証言集や手記集が発刊されましたが、政府次元の口述記録集が発刊されたのは、この本が初めて だろうと思います。
 口述記録集の発刊目的は、生存者の口述を通して、労務動員被害の多様な歴史像を共有しようとすることにあります。強制動員 被害者の口述を通して、反戦と平和を守ることがいかに大切なものであるかを、読者に刻印することができたら、この本の発刊 意義は充分に達成されると考えます。(発刊の辞より)




広報あかいけ 閉町記念最終号

冊子  広報あかいけ 閉町記念最終号
発行所 赤池町役場
発行   2006年2月19日
定価   非売品

 平成18年3月6日。それは、私達にとって生涯忘れることのできない日となる。ふるさと赤池町は、昭和14年11月の町制施行 から66年余の時を刻み、やがて、その幕を閉じようとしている。石炭景気で活況を呈したあの頃、そしてエネルギー政策転換 による炭鉱の閉山。毎日のように転校生を見送った小学生時代。・・・炭鉱や発電所の煙突、炭住の佇まい、今は何事もなか ったかのように、すべて過去のものとなってしまったが、私達の記憶の中に心の支えとして残っている。
 (「町を閉じるにあたって」赤池町長のことばより)




日野・市民自治研究所通信 第42号

冊子  日野・市民自治研究所通信 第42号
発行所 NPO法人 日野・市民自治研究所
発行   2006年3月1日
定価   非売品

 元三井三池CO単独裁判原告団 人権を求めた松尾けいこうさんの23年の闘い(宮崎節子著)等を紹介




季刊 戦争責任研究 第51号

書籍名 季刊 戦争責任研究 第51号
発行所 日本の戦争責任資料センター
発行   2006年3月15日
定価   1020円

 特集 朝鮮人強制連行・強制労働〜麻生系炭鉱の朝鮮人労働者 等




ボタ山のあるぼくの町

書籍名 山口勲写真集 ボタ山のあるぼくの町
発行所 海鳥社
発行   2006年4月15日
定価   2800円

 福岡の日炭高松炭鉱の採炭夫だった山口勲さんが文字通り「ヤマで暮らしヤマを撮った」写真集




詩集 まおろし 〜私が少年坑夫だった頃〜

書籍名 詩集 まおろし 〜私が少年坑夫だった頃〜
発行者 伊藤武志
発行   2007年8月15日

 自費出版。表紙絵は「万田鉱」。同じく元炭鉱労働者・宮脇好光さんの作品です。




内田 博  詩と人生

書籍名 内田 博  詩と人生
編集  阿部圭司
発行所 無極堂
発行   2007年8月30日
定価  1000円

 大牟田の風土が生んだ内田博詩業50年の集大成。「三池のこども」「坑内」等、掲載。




広報ふくち

冊子名 広報 ふくち
編集  企画課
発行  福智町
発行日 2007年12月

 福岡県福智町の広報誌。日本史上最大の炭鉱爆発事故「方城大非常」を特集。




全記録 炭鉱

書籍名 全記録 炭鉱
著者  鎌田慧
発行所 創森社
発行日 2007年7月17日
定価  1800円

 過労自殺とワーキングプアの社会をつくりだした日本資本主義の暗い原点がここにある




上甲米太郎

書籍名 上甲米太郎
発行者  高麗博物館
発行日 2008年8月10日

 朝鮮の子どもたちと生きた教師。その後、北海道の炭鉱を経て三池炭鉱で朝鮮人炭鉱労働者の通訳係を強いられた。




労働者人生

書籍名 労働者人生 本・人・心
著者  片岡喜彦
発行所 書評誌「足跡」編集部
発行日 2008年10月14日
定価  非売品

 向坂逸郎先生を師と仰ぎ、労働大学で三池を学んだ片岡喜彦さんの写文集




筑豊じん肺訴訟

書籍名 筑豊じん肺訴訟
著者  小宮学
発行所 海鳥社
発行日 2008年4月25日
定価  1500円

 「俺たちはボタじゃない」− 国とは何かを問うた18年4か月。炭鉱労働者や その妻たちと共に闘った日々を振り返り、
いま改めて問う




社会主義 8月号

書籍名 社会主義 8月号
発行  社会主義協会
発行日 2010年8月1日
定価  600円

 特集「三池闘争50周年」




地の底のヤマ

書籍名 地の底のヤマ
著者  西村 健
発行所 講談社
発行日 2011年12月19日
定価  2500円

 863ページからなる分厚い本であるが、読む者を惹きこませる魅力がある。その理由は何か。小説だと言いながら、 書いてあることの時代背景が実際にあった事件だからである。大牟田・荒尾を知る者には特にそうであろう。




三池炭鉱炭じん爆発事故に見る災害福祉の視座

書籍名 三池炭鉱炭じん爆発事故に見る災害福祉の視座
著者  田中智子
発行所 ミネルヴァ書房
発行日 2012年10月30日
定価  7000円

 著者・田中さんは佛教大学大学院卒論作成の過程で、ある三池出身の女性から「おねえちゃん、論文書いたら『三池』のことはせんのか』 と言われたことが起爆剤となって、三池と共に歩むことを心に決めた。この著書は、そういう気持ちが込められた渾身の論文集である。




三池の今

書籍名 三池の今
著者  田中智子
発行日 2013年5月31日
定価  非売品

 副題−三池炭鉱炭じん爆発から50年。著者・田中さんの聞き取りは「おねえちゃん、論文書いたら『三池』のことはせんのか』 という、ある三池女性からの言葉からはじまった。




BACK