大牟田・荒尾がんばろう会 仲間たち



まえかわ
 昭和27年、荒尾市生まれ。旧姓 楠元。緑ケ丘小学校2年の終わりまで三池炭鉱緑ケ丘若葉社宅に住んでいました。昭和35年、 三池争議により故郷を離れざるを得なくなり、各地を転々とし後、現在滋賀県に潜んでいます。いつかはきっと、荒尾に帰りたい!!

Kirarinさん(2000年3月14日入会)
 大牟田市産まれで、父も炭坑関係の仕事をしておりました。緑ヶ丘社宅にも住んだことがあります。 故郷を離れて久しいのですが、離れてはじめて故郷の良さ、偉大さに気がつきました。

Blue Star

我素 凡兵衛 さん(2000年3月14日入会)
 私もnet大牟田・荒尾会に参加させていただきます。荒尾です。

たりょうさん(2000年3月14日入会)
 私もお仲間にしてくださいませ。荒尾で焼き物(小代焼)をつくっています。

Nontaさん(2000年4月18日入会)
 私は約7年半炭鉱に勤めておりました。親父も炭鉱マンで、生まれた時から社宅住まいでした。 当時は宮内社宅に住んでいました。「大牟田、荒尾がんばろう会」よろしければ参加させて下さい。

http://nonta.fc2web.com/

伊藤さん(2000年7月1日入会)
 私は、昭和34年に鉱山学校を卒業して、三川鉱に入りました。今、嬉しいのは、昨年鉱山学校の同窓会があり、かつて、 不幸にも敵対関係にあった人達が一同に会し、酒を酌み交わしてにこやかに合い集ったことです。三池を愛する人たちには、 かつてのことはまさに恩讐の彼方に消えたと思っています。私は、この大牟田の地に最後までとどまり、何らかの形で、記録 にとどめていきたいと思っています。net大牟田・荒尾がんばろう会に入れて下さい。

川上さん(2000年8月7日入会)
 私も荒尾第2小学校〜大牟田船津中学校〜大牟田南高校を経て、現在は福岡市に住んでいます。父は四山鉱で採炭夫でした。 私の小学生時代に三池争議があり、子供同士が各組合に分かれて遊んだ、そんな記憶があります。そんなこんなを思い出されて、 このページを見ていくと本当に涙が止まりません。冒頭に述べてあるように、もう私たちの町は消えてしまったのです。妻を数年 前に我が四山社宅に連れていきましたが、やはりあそこに住んだことのない者にとっては、何も思い浮かばないようでした。よく ぞこんなホームページを作って下さいました。町は消えても、このページは守り続けて下さい。お願いいたします。ありがとう!

永吉さん(2000年9月25日入会)
 1970年大牟田市出生・在住の男性です。学生時代以来、三池炭鉱の労働者やその文化について学んで参り、インタビュー調査 なども行ってきました。入会以前から前川さんの合同キャンペーンに触発され、「炭鉱の史跡群を町ごと野外博物館に!」とのプラ ンを考え、現在の研究テーマにしています。また、私の友人の劇団主宰が1999年に前川さんのHPがきっかけで三池を舞台とした演 劇を福岡で上演(都合10ステージ)したのも、この会に入るきっかけです。
 産業遺産保存のまちおこし的運動をやりながら、「地元で地道にできること」を中心に実行していき、ライフワークととして、そ して愛する郷土として、この地域にずっと関わっていきたいと思っています。よろしくお願い申し上げます。

大牟田・荒尾 炭鉱のまちファンクラブ

藤田さん(2001年1月22日入会)
 小生、昭和28年、大牟田の野添社宅の生れです。以後、荒尾の万田(通町)社宅、最後は小浜南社宅と移り、昭和41年、 三川鉱を退職した父と共に愛知県に引越し、現在に至っております。今後は、荒尾・大牟田を愛する人間同士として、皆さんと ゆっくり話ができたらと思います。

岩本さん(2001年3月9日入会)
 昭和21年生まれ、日炭高松の社宅があった北九州市八幡西区三川頭一丁目出身、現在宮崎市にお住まいの方です。岩本さんの お父さんは、三池争議の時、オルグとして大牟田の三川鉱前でピケを張っていた経歴を持ち、その時の写真を私のホームページで 見つけたと言って、このページに来てくださいました。(2005年死亡)

山崎さん(2001年3月11日入会)
 北九州市の小倉にお住まいでしたが、2003年より大阪へ転勤してこられました。

織田さん(2001年3月11日入会)
 荒尾市在住。三池鉱(旧有明鉱)を定年退職された元炭鉱マンの方です。三池CO被災者の会原告団の団員でもあります。 当ホームページに写真等の資料を提供ご協力をいただいております。

山本さん(2001年3月16日入会)
 大牟田出身の山本と申します。現在は大阪市内に住んでおります。私も「大牟田・荒尾がんばろう会」に入会させて下さい。 前川さんのHPを見せて頂き、とにかく懐しいやら、胸が踊る思いやらで、私の幼い頃から、学生時代を一度に思い出させて くれた思いと、みなさんのいろんなお話しを読みながら、涙が出ました。このHPを探してくれたのは夫ですが、夫の父も田川で 炭坑に勤めており、閉山後、大阪に出て来たそうです。私は野添社宅北9棟で生まれ、その後今も実家がある「勝立」に引越しました。 「大牟田・荒尾がんばろう会」の中にも、昭和28年に野添でお生まれになった「藤田さん」とか、勝立に住んでおられた「keiさん」 とかいらして、とても懐しく思いました。また、私の父は三池の争議の頃にはとっくに他界しておりましたが、勤めていたのが万田鉱 でした。
 なお、ここで一つ付け加えておく事があります。私も夫も全く視力がありません。つまり、全盲夫婦です。しかし、音声を頼りに、 インターネットにアクセスしていろんな情報を得たり、メール仲間も沢山おります。また、文字はパソコンで打てます。でもそういう ことから見た事がないので、誤字などありましたらお許し下さい。

COCOさん(2001年3月27日入会)
 COCOさんをご紹介します。彼女は大牟田出身ですが現在米国サンフランシスコに住んでおられます。その方が先日帰国され、大牟田 に帰郷途中、京都に立ち寄られたことから、初めてお会いすることが出来、その時入会をしていただきました。お父さんは三池炭鉱に 勤務されていたそうで、万田公園あたりはよく覚えていてホームページを見ながらいつも懐かしく思っているということでした。

Atukoさん(2001年5月10日入会)
 私も大牟田の出身です。四山社宅に住んでおりました。現在、茨城県に住んでいます。故郷を離れて早30年になります。 今、父と母の介護をしております。三池の写真を見せたら大変喜んでおりました。大牟田のホームページなどよくみております。 パソコンはすごい。私も故郷の幼なじみや友人とメールを通して再会したいと熱望しております。また、ここで皆さんともお話 出来たら嬉しいです。

山崎さん(2001年6月1日入会)
 先の山本さんとご姉妹です。山崎さん自身、昔、三池炭鉱万田坑の売店に勤務されていました。その時の貴重な写真をお借り して万田坑のページに掲載してあります。見て下さい。

積さん(2002年1月16日入会)
 sekiさんをご紹介します。三池炭鉱を定年退職された元炭鉱マンです。玉名にお住まいで、定年後もじん肺問題に取り組んで おられます。わが荒尾出身の関島秀樹さんのご紹介でご縁をいただくことになりました。よろしくお願いします。

高井良さん(2002年1月27日入会)
 大牟田市出身、東京在住の方です。東京で大学の先生をされていて、ご自身のホームページ「たまのさんぽみち」の中にあっ ても三池炭鉱のことを研究、掲載されています。

たまのさんぽみち

大坂間さん(2002年9月28日入会)
 昭和23年生まれ、今が青春真っ只中。荒尾梨が食べたくなり、HPページ検索中、三池争議を見つけ、懐かしくなり、写真を 見ていたら、今はゴルフ場になっている大谷社宅西21棟が写っている。一瞬ポーンと6才から18才頃の想いが、悪がき、駄菓子 屋のおじさん、おばさん、魚屋、野菜屋、風呂屋、池黒、ヒョウタン池、床屋で10円散髪代終わった後に、細長い風船もらった、 自転車の荷台に乗せてアィスキャンデ屋、あの坂道、あの崖、荒尾第4小、荒尾第5中、ホントきりがないほど、湧いてきます。 今も、ゴルフ場にぽっんと一本の樹木が立っています。まだまだがんばります。パソコン始めてまだ間がありませんがよろしく お願いします。

前田さん(2002年10月28日入会)
 わたくしは、名古屋市在住の、前田と申します。社宅は、熊本県荒尾市にあった西原社宅でした。小学6年の時に、三井三池 三川坑爆発事故で、父を亡くしております。また兄は、閉山まで炭鉱マンでした。大牟田 荒尾がんばろう会のホームページに、 偶然出会い、こんなに、炭鉱を愛し、ふるさとを愛するホームページがあることを知りました。私も仲間に加えて下さい。

河口さん(2003年1月13日入会)
 始めまして。覚えたてのパソコンで故郷情報を何気なく探していたらこの欄がありました。私は、昭和24年生まれ、鶯町と 大島社宅に住み、緑ヶ丘小、二中の出身です。今も社宅での生活が懐かしい1人です。千葉県に住んでいますがどうぞ仲間に入れ てください。(2005年10月死亡)

甲木さん(2003年入会)
 出身は荒尾の原万田。二小・五中・大高卒業。家族は家内たった一人で同じく荒尾の出身(四小・五中・不知火)。両方の父 も三川坑に下がっていました。現在は神奈川県に住んでいます。

かっちゃんの写真館

永田さん(2003年入会)
 緑ヶ丘社宅桂町95棟出身。現在の実家は荒尾市牛の水にあります。私は現在神奈川県に住んでいます。

池田さん(2003年入会)
 荒尾市ご出身です。東京に住んでおられましたが、最近大阪へ転勤してこられました。

立山さん(2003年5月5日入会)
 立山さんは、小学5年の時に北海道の三井上砂川炭鉱の社宅から三井三池炭鉱の社宅へ移り住まわれ、現在は奈良県にお住 まいの方です。荒尾市出身のシンガーソングライター関島秀樹さんがご縁で今年6月、彦根でお会いすることができました。

富永さん(2003年6月25日入会)
 1979年長崎県出身、神戸市在住の大学院生です。成人学習論、ジェンダー論を専攻しています。現在、三池争議における 諸活動(主に主婦会)の今日的な学習論的意義を明らかにすべく研究を進めております。しかし、同世代の者は、労働組合や争 議のこととなると、「錆びた赤い匂い」がすると言って敬遠する者が多いようですが・・・(苦笑)。よろしくお願いいたします。

在野さん(2003年入会)
 生まれも育ちも大牟田で、幼稚園から小学校1年にかけておこった三池・安保の労働者のデモと小学校4年のときの三井三池 三川坑炭塵爆発事故は強烈な原風景となっています。でも、三池闘争とひとくちでいっても今も昔も三池の労働者は一枚岩では ないし、三池労組の三作分会だったわが父の家庭や妻・子どもに対するDVの思い出も強烈だし、友人の父親は第二組合にいっ て安定していたし、わたしにとって、「三池」はとても複雑な存在ではあります。

字練磨しんぶん

港さん(2003年入会)
 大牟田市出身の港健二郎映画監督を中心に、大牟田市を舞台にした映画「ひだるか」の製作が進められております。この映画 のテーマは、1960年福岡県大牟田市と熊本県荒尾市に広がる三井三池炭鉱で起きた「三井三池争議」です。撮影開始は2003年8月 の大牟田市・大蛇祭りから始まる予定。映画の完成予定は2004年秋。皆様のご支援よろしくお願いします。

ひだるか

谷さん(2003年入会)
 三井三池炭鉱臼井社宅のご出身です。現在東京都にお住まいです。HP「異風者からの通信」の中で、「母の姿があった」と お便りをくださったのがご縁で、当時の写真の提供もいただいています。よろしくお願いします。

武田さん(2003年入会)
 武田さんは荒尾市にあった三井三池炭鉱臼宮内社宅のご出身です。現在埼玉県にお住まいです。

関島秀樹さん(2003年入会)
 荒尾市ご出身のシンガーソングライターです。有名な歌に「ARAO」等があります。現在滋賀県に住んでおられ、全国で 活躍中です。

古池さん(2003年8月8日入会)
 私は、昭和37年大牟田市鳥塚(白川小学校学区)うまれ、1987年より滋賀県大津市に在住しております。故郷を離れて 20年以上。昔のヤマの歴史の実体験はありませんが、炭鉱住宅など三池に関するさまざまなものが懐かしく、また、故郷を離 れているからこそ想う故郷への使命感!?。うまくは表現できませんが・・・何か係わりたい想い・・・そんなふわふわしたい いかげんな感情のようです。そういえば、昔から“すこたえもん”と言われていました。何でも思い立ったらやらないと気がす まない性格です。40才を過ぎてもなかなか性格は変わらないようです。とにかく、日々の仕事におわれて何も出来ないのでし ょうが、何かお手伝いが出来ることがあれば。

馬場さん(2003年10月28日入会)
 HPを見ました。入会させてください。私は荒尾市大島町で生まれで、四山鉱正門の近くに小3年までいました、本家はまだ あります。その後中央区の市営住宅に移り、中央小、一中、玉名工卒業です。現在川崎市に住んでおります。
 荒尾・大牟田の人で三井三池鉱山に関係してない人は少ないと思います。三池争議の時、伯父たちが、兄、弟と組合が違い、 亡祖母、亡父が気をもんでいたの覚えています。本家の伯父は炭塵爆発の1年前位の6月の末の落盤事故で亡くなり、末の叔父 が泣きながら夜、連絡に来たのを覚えています。従姉弟たちがかわいそうで、一番つらい思いをしたのは、亡祖母だと思います。 炭塵爆発の時は、私は中3年で、確かあの日は土曜日で四山の県境に母と妹を迎えに行った時、ドーンする音が聞こえて母が、 「なんごつじゃろか」と言ったのを覚えています。亡父が二人の叔父たちの無事を確認して夜遅く帰って来たのも覚えています。 下の叔父も一度落盤で背中を怪我をして天領町の三井病院に入院していた事がありました。私が亡父に「どうして皆なあんな危 ないところへ仕事に行くのか?」と聞いたら、「女房・子供の為、男は命を賭けて守るのだ」と言ったの覚えています。
 私の家内も荒尾生まれです。以上が私の大牟田・荒尾の故郷の記憶です。しかし大牟田・荒尾は静かになりすぎました。もっ と元気にしましょう。

yukikoさん(2004年3月20日入会)
 炭鉱とは直接関係はありませんが、熊本県荒尾市のご出身で、荒尾第一小学校、第一中学校の卒業生。そのふるさとを身近 に感じたいということでご参加をいただきました。yukikoさんは荒尾出身のシンガーソングライター関島秀樹さんの大ファン でもあります。現在横浜にお住まいです。よろしくお願いします。

山田さん(2004年5月12日入会)
 緑ヶ丘暁町のご出身で、「社宅にいたので今も生家のある人や幼なじみが近くにいる人が羨ましく思っていました。 大牟田・荒尾がんばろう会のお仲間になることが出来てすこしだけ幸せです。」ということでした。現在も荒尾にお住まいです。 よろしくお願いします。

ハンスさん(2004年5月27日入会)
 2002年の年末でしたか、埼玉から「大牟田」にうかがいました。何故大牟田に行ったかといえば、マイレージが 貯まったので、子供を「ウルトラマンランド」へ連れていったからです。宿泊はホテルヴェルデでしたが、三井グリー ンランドのあたりに炭鉱住宅があったということはこのホームページで知っていました。
 ホテルの運営が三井鉱山であることはわかっていたのですが、やはり妙な感じでした。子供は「ウルトラマン」の世 界を満喫して大満足のようでしたが…。結局は私たちも、三井三池の痕跡に触れることもなく、旅行から帰ってきました。
 私自身は昭和36年生まれですが、三井三池の痕跡を、結果的にか意識的にか、淡々と語っているこのホームページは なんというか、ホッとするところがあります。何もお手伝いできるわけではありませんが、なくなって欲しくない数少な いホームページであると思います。
 このように、たった一回、同地へ行っただけで炭鉱とは無縁の小生ですが、「net大牟田・荒尾がんばろう会」のお仲間 に入れていただけたらうれしいです。皆さん、よろしくお願いします。

tetsuoさん(2004年6月8日入会)
 私は現在、熊本県荒尾市に住んでいます。学生です。祖父は、三池闘争にも参加した経験があるので、私も少しは話を 聞いており、大体はわかります。爆発事故のときは大変だったようで・・・。

吉田さん(2004年11月7日入会)
 40歳になる大阪府に住む荒尾出身のものです。20歳で大阪に出るまで桂町社宅にいました。テレビでヒロシという 芸人が荒尾出身と聞いて急に里心が出てしまい、HPで荒尾関係を見ていて偶然、ここのHPを見つけました。年に2回 くらいは帰省しています。

ふなれさん(2005年5月20日入会)
 前川様たちのサイトを荒尾市のコーナーでみつけました。昭和26年生れで小さな花屋をやっています。私は大牟田生まれ 同所育ちで、父や叔父も四山鉱勤務でした。父は10年ほど前に他界しています。このようなホームページがある事をうれし く思いました。いわゆる小市民で何か出来るわけではないのですが宜しくお願い致します。

Takadaさん(2006年5月28日入会)
 三池工業高校昭和43年卒業、57歳です。在学中、巨人の原監督のお父さんが監督の時甲子園初出場、初優勝しました。 私は卒業後、大手会社に就職が決まっていながら夜行列車で赴任中、尾道で途中下車して3年ほど、旅行、放浪した、自称 変わり者です。現在は建設業で、空調、衛生設備工事の施工管理技士です。小浜町の電気化学社宅で生まれ、本町、新地町 で育ちました。小さい頃、三池鉱、四山鉱、原万田あたりに弁当もってよく行きました。荒尾のグリーンランド、赤田公園 にも自転車でよく行きました。懐かしい思い出ばかりです。今は大阪府堺市で妻と二人で仲良く暮らしています。中友、松 原中でした。皆さんとお会い出来るのを楽しみにしています。

yamasakiさん(2006年6月19日入会)
 私は、大阪在住の62歳の男性です。昭和38年三池工業を卒業するまで荒尾市の西原社宅に住んでいました。卒業後上阪、 そのまま大阪に居続けて現在に至っています。
 私の父は三川鉱に勤めていましたが、例の炭塵爆発事故に遭遇し身体の自由を奪われたままの入院生活を退職まで続け 一度も退院することなくこの世を去ってしまいました。
 私も小学(荒尾二小)・中学(荒尾二中)・高校の多感な時代を三池とともに過ごしたせいか、「三池」という言葉は 郷愁を感じるなにものでもありません。懐かしさいっぱいの前川さんのHPに巡り合えて嬉しく思っております。どうか よろしくお願いします。

じゅんちゃん(2006年7月1日入会)
 昭和27年大牟田市の新港町で生まれました。諏訪小学校を卒業すると同時に小浜北社宅に移り、松原中学校から県立 大牟田北高校を卒業しました。三池争議の渦に巻き込まれながらも子供時代を共に過ごした仲間達のなかには炭塵爆発で 父を亡くした人達もたくさんいました。現在は山形県で法律の仕事に携わっています。三川坑の坑夫だった父も運良く生き 延び85歳で健在です。
 ちなみに「じゅんちゃん」とは、私が幼少のころ近所の人々に呼ばれていた愛称です。仲間に入れてください。

服部さん(2006年7月2日入会)
 メンバーのyamasakiさんに紹介してもらって入会しました。彼の2年後輩です。私の家族は炭鉱には無縁でしたが、 小学生の頃の三池争議はホッパーパイプを製作中のスト中のおじさんとビー玉遊びをしたとか、争議関連の飛行機が撒く ビラを追っかけたとか、当時の深刻さを深く理解していないままの記憶が何故か鮮明です。
 18歳で大阪にきて40年余になります。大牟田へは年に一度くらいは帰っていましたが、親が亡くなってからここ10年 以上帰っていません。故郷が恋しくても帰れない心境になることがありますが、なんとなく大牟田の臭いに触れたくて 入会を申し込みました。よろしくお願いします。

中野さん(2006年11月5日入会)
 私は緑ヶ丘暁町53棟の社宅に住んでいました。緑が丘小学校、三中、三池工業高校を昭和40年卒業後、東京に勤務。 今年3月で定年退職し、現在茨城県に住んでおります。
 荒尾・大牟田は私の青春時代の想い出の地です。特に荒尾は1歳から18歳までの時期を育んでくれた大切な所です。
 仲間と有明海ではバガイ貝やアサリ採り、小川では魚釣り、ザリガニ採り、小岱山ではメジロ採り、腹が減ってはアケビ や熟し柿をむさぼり、野山を駆け巡り、お金のかからない遊びで一杯でした。本当に自然環境に恵まれていましたネ。
 また三池争議は私たちの人生に数多くの実体験を与えましたネ。ただの組合員の親父は三池争議中も、その後も三池労組 員でした。昭和38年の炭塵爆発でガス患者となり25年間病院生活、20年程前に70歳で他界しました。
 当時を想いだすたびに懐かしさと、60才まで生きてこれた人生の原点を語る故郷です。

安藤さん(2008年12月18日入会)
 私の父は終戦により昭和20年12月朝鮮から引揚げてきて三池炭鉱四山坑へ入社しました。そのとき42歳でした。そして、 荒尾市にあった宮内社宅に入居しました。私が小学5年生のときでした。そんな父も昭和28年の人員整理で解雇されました。 炭鉱夫だった父、義父、義兄、叔父ももう亡くなりましたが地下三千尺と言われる坑内で苦労した彼らの事を改めて偲んで います。お陰で私74歳、妻70歳、義母102歳、今幸せです。   

NAKAさん(2009年1月24日入会)
 1947年に大牟田で産声をあげました私は13才の時に、三井鉱山に勤めていました父親の仕事の関係で上京しまして40有余年 の時が流れていました。小学校が「駛馬南小学校」で、中学が「米生中学校」。その1年生の中期頃迄を大牟田の地で過ごしま した。親御さんの多くが炭鉱マンで、三池鉱、四山鉱、三川鉱などで働く父親をもつ多くの同級生に囲まれての学校生活でした。
 大牟田の三文字の響きからは「大蛇山」「松屋デパート」「延命公園」「笹林公園」「四つ山」「築町」「上官通り」「ヌク タマリ?」「コクンドウサン?」など意味不明なキーワードの字句語が混じり合って連想されます。その幼少期から思春期まで の多感な時期の記憶が蘇ります。私は今、叫びたい!
「I love Omuta!」。どうぞ宜しくおねがい致します。   

BACK