三川鉱ホッパー  福岡県大牟田市西港町 三池鉱業所


 ホッパーとは、掘り出された石炭を貨車積み込み前に一時貯蔵しておく貯炭槽のこと。
 昭和35年の三池争議の折は、「ホッパーの闘い」としてここが決戦場となった。石炭はここを通過しなければ製品として 出荷することが出来ず、三池労組はここを最後の砦として会社側と激しい攻防を繰りひろげた。

(1997年1月1日加倉さん撮影)

元三池労組組合員たち(写真提供:渡辺さん)

取り壊されるホッパー(写真提供:伊藤さん)

BACK NEXT