炭鉱の街

【作詞:石本美由紀、作曲:船村徹、歌:美唄五郎】
1 炭鉱が命と 言ってたやつも
  炭鉱を見捨てて 故郷を捨てた
  主を無くした トロッコが
  錆びて転がる 線路道
  草に埋もれた 炭鉱の街

2 五軒十軒 日がたつごとに
  窓を閉ざした 空家が目立つ
  無理もなかろう あの娘まで
  嫁にいったよ 遠い空
  泣くなボタヤマ 炭鉱の街

3 夜に飲まれて 眠った街も
  おれにとっては 生まれた所
  たとえ貧しい 暮らしでも
  こんな故郷を 見捨てずに
  明日も生きよう 炭鉱の街  

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 これはレコード化されていない幻の名曲である。  美唄五郎。秋田県出身ながら、中学を卒業すると北海道赤平市にあった炭鉱に就職。その炭鉱が閉山となったことから 東京へ上京、作曲家船村徹の内弟子となった。当初、「炭鉱の街」でデビューするはずであったが、あまりにもその内容 が暗く、一般向けしないだろうということから、結局レコード化はされず、変わりに「男の根性」で昭和52年デビュー した。その後の行方は不明ながら、大分県で暮らしているという話もある。