がんばろう

【 作詞 】森田ヤエ子
【 作曲 】荒木 栄
【 うた 】三池大災害抗議集会のみなさん

1.がんばろう
  つき上げる空に
  くろがねの男のこぶしがある
  もえあがる女のこぶしがある
  闘いはここから闘いは今から

2.がんばろう
  つき上げる空に
  輪をつなぐ仲間のこぶしがある
  おしよせる仲間のこぶしがある
  闘いはここから闘いは今から

3.がんばろう
  つき上げる空に
  国のうちそとのこぶしがある
  勝ちどきを呼ぶこぶしはひとつ
  闘いはここから闘いは今から

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 「がんばろう」は、病気により惜しくも38歳という若さで亡くなった三池炭鉱労働者の荒木 栄さんの作品で、 「三池闘争の中、ホッパー前決戦の直前、全労働者が右手のこぶしを突き上げて、”団結、がんばろう!!”と叫んだ、 そのふき上がった闘魂をとらえて作曲した」という。作詞者は、筑豊にあった上山田炭鉱の職場詩人グループ出身の 森田ヤエ子さんで、三池炭鉱労組から依頼されて2週間で創り上げた。

 2005年11月6日、熊本県荒尾市において第42回三池大災害抗議集会が開催された。人間として生きる権利、職場のなかでの 権利がないがしろにされている昨今、三池の労働者の生き様を語り継いで行くことが大事ではないのかという思いの中で、同 集会は「炭掘る仲間」の大合唱で始まり、終わりは「がんばろう」の大合唱で締めくくられた。かつて父母が歌ってきたこの 歌を、息子である私が現地で歌うことに不思議な因縁を感じている。これはその時に録音したものである。(まえかわ)