母ちゃん炭坑を下りて行く

♪♪♪♪♪MIDI by エーちゃん♪♪♪♪

【作詞】松尾アイ子
【作曲】島恵子

三池災害 ひとすじに
三十三年生きてきた
山野 夕張り 有明と
やまの仲間と 手をつなぎ
必死の抵抗 つづけてきたが
 母ちゃん炭坑(やま)を下りて行く

のこり少ない人生を
夫と共に おだやかに
暮らすのぞみも やぶられて
安保、三池と闘った
やまの仲間も 去ってゆく
 母ちゃん炭坑(やま)を下りて行く

夫の生命 とったやつ
私の人生 くるわせた
人の命の尊さを
憎い三井に知らせたい
老いの体にむちうって
 母ちゃん炭坑(やま)を下りて行く

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 作詞者の松尾アイ子さんは、大正12年、三井三池炭鉱があった福岡県大牟田市の生まれ。
 昭和22年に結婚、翌23年には、長女を出産。しかし、旦那さんが結核のため闘病生活。3人の子どもを抱えて、失業対策事業で 生計を立ててゆきますが、小さなお子さんを抱えていては思うように仕事が出来ず、保育所が欲しい、託児所が欲しいという要求 に仲間とともに立ち上がり、松尾さんの闘いの日々がはじまります。しかし、失対事業の現場に子どもをつれて行けず、残念なこ とに二人のお子さんを亡くしてしまいます。その後、保育所や託児所もボツボツと出来てきますが、お子さんが小学校に行きだす と、教科書、学用品、給食と教育支援を求めた闘いがさらに続いて行きました。
 現在、建交労大牟田うたう会に所属。全日自労の歴史と共に歩いて来られた方です。
 (参考資料:うたごえ喫茶のび)