聞け万国の労働者 【作詞】大場 勇 【作曲】栗林 宇一  ♪ MIDI by エーちゃん ♪

聞け万国の労働者
とどろきわたるメーデーの
示威者に起る足どりと
未来をつぐる鬨の声

汝の部署を放棄せよ
汝の価値に目醒むべし
全一日の休業は
社会の虚偽をうつものぞ

永き搾取に悩みたる
無産の民よ決起せよ
今や廿四時間の
階級戦は来りたり

起て労働者奮い起て
奪い去られし生産を
正義の手もと取り返せ
彼らの力何物ぞ

われらが歩武の先頭に
掲げられたる赤旗を
守れメーデー労働者
守れメーデー労働者

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 労働歌で有名な「聞け万国の労働者」の正式タイトルは「メーデー歌」。

 原曲は、明治34年に旧制第一高等学校(現・東京大学)の寮歌として作られた「アムール川の流血や」(満清すでに 力尽き / 末は魯縞も穿(うが)ち得で / 仰ぐはひとり日東の / 名もかんばしき秋津島)である。
 このメロディは単純で歌いやすいためか、明治44年、軍歌「歩兵の本領 −歩兵の歌−」にも使われ、そのほか、 数多くの旧制中学・旧制高校の応援歌にも使われたりした。

 「メーデー歌」の作詞は、大正11年、第3回メーデーのために公募されたメーデー歌として、池貝鉄工所労働争議 の中で作詞されたと言われている。

 ちなみに、メーデーとは「全世界の労働者が団結と国際連帯を示すデモンストレーションを行う日」のことであり、 その起源は、1886年5月1日、アメリカ・シカゴの労働者が8時間労働制を要求しておこなったゼネラル・ストライキ からきたと言われている。日本初のメーデーは大正9年5月2日、東京上野公園にて挙行された。

 作家 宮本百合子は「メーデーに歌う」という文の中で、「そのころのメーデーといえば、全く勤労大衆の行進か、 警官の行進か、という風であった。険相な眼と口を帽子の顎紐でしめ上げた警官たちが、行列の両側について歩いて 寸刻も離れないばかりか、集合地点には騎馬巡査がのり出した。歩道には、市内各署の特高のスパイが右往左往して 日頃目星をつけている人物を監視したり今にもひっぱりそうな示威をしたりしている。おとなしく立っている女ばか り数人の私たちでさえ、いやな気がしてじっと一つところにはいられなかったほど、胡散(うさん)くさい背広の男 たちにつきまとわれた。行進が上野の山へ集合した頃、私たちは群集におされながら、松坂屋の先の、時計屋の大き い飾窓の下におしつけられていた。見物の群集が、そんなにどっさりだったのは、組合の人々の行うメーデーの行進 が全く一つのたたかいであって、なかなか簡単に参加ができなかったからであったし、もう一つには、そうやって、 権力の乱暴な妨害に抵抗しながら、腕をくみ、進んでゆく労働者の姿に、人々は敬意も感じてその光景を見たがって いたのであった。」と、まだ言論の自由がなかったころのメーデー風景を描いている。