三池の主婦の子守歌

♪ MIDI by Bunbun ♪
【 作詞・作曲 荒木栄 】

1 雨の降る夜はつらかろね
  ホッパーにらんで夜明けまで
  無口のあんたが火を囲む
  ビニール小屋に届けたい
  腹巻き 綿入れ たまご酒

2 小さなこぶしをふり上げて
  「けいかんかえれ!」と叫んだ子
  目玉を生命を奪われた
  たぎる仲間の憎しみを
  この子に孫に つがせよう

3 燃えろ三池の火の柱
  ひろがれ国のすみずみに
  かあちゃんたちの正しさが
  勝利の朝をよんでいる
  眠れ坊やよ 安らかに

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
 荒木栄は、ある地域の座談会の中で、「父ちゃんたちは雨の降る晩な、ほんなこてつらかろうな、長い闘いじゃけん、体は大切に しといてもらわにゃいかんな、腹巻から綿入ばんてんのいるばい、腹んぬくもったにゃ、たまご酒がいちばんタイ」というピケに立 つ夫を案じる妻たちの言葉を耳にして、その感情をそのままうたいあげた「三池の主婦の子守歌」を作詞作曲した。