三井グリーンランド  熊本県荒尾市下井手(昭和43年8月14日撮影)


 昭和55年1月、遊園地、ゴルフ場、ホテルの経営を主な目的として、三井鉱山土地建物株式会社の全額出資により 熊本県荒尾市本井手1558番地に株式会社グリーンランドが設立。昭和62年12月、グリーンランドサービス株式会社が設立されキャディ派遣業が開始。 三池労組から分かれた新労組の奥さんたちの就職先にもなった(元新労組主婦の話)。平成2年6月、商号を三井グリーンランド株式会社に変更。 平成19年7月、九州の遊園地の商標を「グリーンランド」に変更し、全てのグループ事業の施設名称から「三井」の表記が外された。
 三井グリーンランドは「石炭から石油へのエネルギー移行が進展をはじめた昭和30年代に、荒尾の街に開業した観光果樹園だった」ものが、 現在においては「遊園地周辺に数多くの娯楽施設を建設した一大リゾートエリアを形成」(グリーンランドHP参照)し、県外からも多くの修学旅行 生らが立ち寄ったりしている。
 同グリーンランドが開園された頃にはまだ、遊園地沿いに炭鉱電車が走り、周辺には炭鉱住宅が林立していた。

(山崎さん提供)

(山崎さん提供)

BACK