三井鉱山勝立社宅


 通称"勝立社宅"と呼ばれた地域には、新勝立町1丁目に「大砂社宅」、新勝立町2丁目に「通松 社宅」、新勝立町3丁目に「紅葉ケ丘社宅」、新勝立町4丁目に「宮前社宅」が所在していた。昭和24年3月現在の「社宅新築 工事一覧表」によると、その数、合計1680戸となっている。

 福岡県大牟田市による昭和35年10月1日現在「町別世帯数人口および戸数一覧」によれば、

新勝立町1丁目 世帯数207 人口1088(男549、女539) 戸数212
新勝立町2丁目 世帯数236 人口1205(男589、女616) 戸数256
新勝立町3丁目 世帯数193 人口 975(男503、女472) 戸数197
新勝立町4丁目 世帯数206 人口1035(男510、女525) 戸数214
とある。

 平成16年10月1日現在にあっては、

新勝立町1丁目 世帯数 15 人口 36(男 14、女 22)
新勝立町2丁目 世帯数212 人口570(男261、女309)
新勝立町3丁目 世帯数 0 人口 0(男 0、女 0)
新勝立町4丁目 世帯数198 人口472(男224、女248)
と大きく変化し、社宅跡地は現在、野山に帰している所が多い。

左に勝立保育所、右に講堂があり、この山の神へ至る道の両側には社宅が建ち並んでいた。
(2005年8月1日撮影)

社宅グランド

社宅グランド。奥に勝立坑が見える。(keiさん提供)

社宅グランド跡

前写真と同一場所(2001年3月12日撮影)

昭和41年撮影。炭鉱社宅の盆踊り大会。場所、同上。(吉田さん提供写真)

街路灯(2005年8月1日撮影)

BACK