三井三池炭鉱小川開社宅


 小川開社宅は、福岡県大牟田市小川町に所在し、平屋建ての小川開社宅と鉄筋コンクリート 造り3階建22棟、4階建4棟の小川アパートがあった。そして現在もその一部が残っている。

 福岡県大牟田市による昭和35年10月1日現在「町別世帯数人口および戸数一覧」によると、

諏訪校区  小川町 世帯数80 人口416(男199、女217) 戸数84
とある。

 平成17年4月1日現在にあっては、

小川町 世帯数205 人口665(男328、女337)
と推移している。
 

(昭和58年小川開社宅航空写真より・陽ちゃん提供)

 大牟田市の諏訪川にかかる橋は、三池炭鉱三川坑の坑外運搬軌道で、台車を連結していた ディーゼル機関車が行き来していた。橋の左側に位置する三川坑側から橋を渡ると、坑木貯木場であり、さらにその先が ボタ捨て場となっていた。

三井石炭鉱業小川開社宅(2005年7月29日撮影)

三井石炭鉱業小川開社宅(2005年7月29日撮影)

三井石炭鉱業小川開社宅(2005年7月29日撮影)

三井石炭鉱業小川開社宅(2005年7月29日撮影)

三井石炭鉱業小川アパート(2005年7月29日撮影)

BACK