指名解雇状返上総決起集会


 昭和34年12月2日、三井鉱山は三池労組活動家を中心とした1492名に対し退職を勧告。 これに対し210名は応じたが残りは勧告を拒否。12月8日、同会社前において退職勧告状返上デモが繰り広がれた。
 しかし、12月11日、会社側は、退職に応じない者は指名解雇すると通知。1277名に対し12月15日付けの指名解雇 通知が郵送された。
 これに対し三池労組は、翌35年1月5日、指名解雇状返上総決起集会を開き、固く門を閉ざして話し合いに応じよ うとしない会社側に対して三池労組は指名解雇通知書をこのヘリコプターで会社へばらまき返上した。

昭和35年1月5日(提供写真)

BACK NEXT