CO患者家族三川鉱坑道座り込み


 昭和42年7月14日午後7時20分、CO中毒患者家族の会ら75名が、三井三池三川鉱斜坑に 入坑した。当然会社側からは「命の保証はしませんよ」と制止されたが、妻らはそれに反応も示さずただただ黙々と 坑道を歩いて下っていった。そして丸6日間の144時間、坑口から1800メートルの所にある人車待合所で座り込みを続 け、CO中毒患者救済特別立法の成立を国に訴えた。坑内は湿度が高くてジッと座っていても汗がダラダラ出るような 環境であったが、坑内で働く者たち、第二組合員もらが、会社に内緒でソッと弁当や水筒の差入れをして支援した。 座り込みの間、患者の妻らは家に残した子供らのことが特に気がかりだったが、それだけ決死的な覚悟だった。

CО闘争支援催しのチケットの半券(河口さん提供)

 


BACK NEXT