久保清さん刺殺事件  (提供写真)


 昭和35年3月29日午後5時頃、熊本県荒尾市大島 四山鉱正門前でピケを張っていた三池労組の 久保清さんが暴力団に刺殺された。
 三井鉱山から激励を受け大牟田市の笹林公園を出発した200人程の暴力団員は○○組の旗を立てたトラック、ハイヤー20台、 バス2台に分乗し、同市不知火町にあった三池労組本部に押しかけ「市民の立場として来た。これから市内をパレードする。」 と告げた後、市内をデモンストレーションし、また、臼井社宅の集会場に土足で上がり込むなどして威勢を張り、午後5時頃 四山鉱南門に到着した。
 トラックにはツルハシの柄等が積まれていた。彼らの車両の後部には約50人の警官を乗せたバス1台も警戒のためついていた。 暴力団員は日本刀などをちらつかせながら、南門から約300メートル離れた正門に向かっていった。

 正門前ではピケ隊275人が素手のまま整然とピケを張っていた。と言うのも、前日の28日、四山鉱南門前でピケ隊と暴力団 との小ぜりあいがあったため、熊本県警荒尾警察署から三池労組四山支部長に対し、「各暴力行為は警察が責任を持って取り 締まるので、組合側も棒きれなど持たぬようにしてほしい」と申し入れがあったことによる。
 だが、自動車デモが正門前を通り過ぎはじめたとき、事件は起きた。最初から計画的だったのだろう。誰かが同暴力団員ら をヤジったのをきっかけに、5台目の車中から4人、前後に停車中の車から約20人程の男たちが一斉にツルハシの柄、鉄棒、日 本刀などを振りかざしてピケ隊に襲いかかった。
 そして、1人の男がアイクチをピケ隊の先頭にいた久保さんの胸に2度にわたって突き刺した。その間、近くにいた警官はた だぼう然としているだけだった。ピケ隊も旗竿などで応戦し、現場は騒然となった。しばらくして一個分隊の警官隊が応援に 駆けつけ、両者の間に入った。警官の中にも幾人かの負傷者が出た。このとき、刺し殺された久保さんは特別活発な組合員で もなかったという。たまたまピケの最前列にいてその被害にあった。

 当時組合側は、この警察の対応に対し、「事件は会社か大牟田再建市民運動本部(三井関係商社を中心に結成)と関係のあ る暴力団によるもの」として荒尾警察署長を組合本部へ招致して翌朝まで抗議し続けたが、同署長は「もうすぐ8時半になる。 そうすると署員が出勤してくるのでそろそろ帰らせてほしい。」と申し入れたという。
 その後犯人は逮捕され、偶発的な事件として処理されたが、果たしてそうだったのかどうか、その真相はいまだ明らかにな っていない。逮捕された犯人はすでに懲役7年の刑を終えている。

 労働法などが整備されて15年もたっていた三池争議においても、大正、昭和初期と同じように、暴力団などの外郭団体がそ の影にいたというのは事実で、三井の各事業所を通じて集められた約千人の「いれずみ部隊」なるものが存在していたという。 彼らは、会社側から長さ1メートルのカシの棒とタテ、作業着などと日額千円の支給を受け、ホッパー周辺に待機されられてい た。
(参考資料:みいけ炭鉱労働組合史、朝日新聞西部本社編「石炭史話」)


 昭和35年3月30日 衆議院会議録情報 第34回国会 地方行政委員会 第18号

○ 警察庁警備局長 江口警視監 答弁
 昨日四山鉱におきまして起こりました1人の死者を出しました事件の概要を申し上げます。
 昨日の午後4時55分ごろ、これはもう新聞等でも詳しく報道いたされておりまするが、大牟田の山代組、それ以外の組も多少 入っておりまするが、山代組を中心とする100名ぐらいの者が、トラック1台、ハイヤー14台に分乗いたしまして、四山鉱南門の 前の検問所を通過いたしまして、そこで検問員に検問を受けておりますけれども、その警告を聞かずにそこを突破して、正門へ と向かっております。これが4時55分ごろです。
 ちなみに南門の検問所は、これは熊本県警察の検問所でございますが、これはパトカー1台と検問員が7名の配置であったよう であります。そこで、これは警備措置の適否にかかるわけでありますけれども、とにかくそこで停止するということができずに、 正門に行ったという事実がございます。
 その一隊と申しまするか、車の列は、午後5時15分ごろ四山鉱の正門前に到着しまして、数名がおりて、そこにピケを張って おりました第一組合員、これは350名くらいのピケであります。これと口論をしておったようであります。そのうち全員が車から おりまして、そしていわゆる第一組合のピケ隊員とその連中との乱闘に相なったのであります。その乱闘のさ中か、その直前か、 付近の駐在所に詰めておりました熊本の警察官の4名がそこにかけつけて、警告、制止をしておりますけれども、これも聞き入れ られてないというか、それをとめることができずに、両方のなぐり合いになっておるのでございます。
 そのうちに福岡県の部隊が一個小隊、これは山代組一派のトラック及びハイヤーに乗った連中が、いわゆる宣伝活動ということ で方々をその前から歩いておるものですから、これはかねがねの行状に照らして衝突のおそれが十分あるということで、300メー トルぐらいうしろをずっと追尾をいたしております。これがその次にかけつけております。
 それから、これが中に入り、その後、急報によってかけつけた熊本県部隊が約二個中隊、特科部隊、私服部隊を入れまして300名 ぐらいの者がさらにこれにかけつけまして事態を鎮圧した。鎮圧といいますか、終結をして、そうして乱暴いたしておりました 山代組ほかの51名を荒尾署に同行して調べたのでございます。
 こういう事故が起こりまして、まことに遺憾でございますけれども、死者名を含めます負傷者が旧労側第一組合側に13名、それ から山代組側に1名、警察官に5名というものが、その紛争事案の渦中にあってけがをしたり、1名がそのうち病院で死亡するという ような事故が起こっているわけでございます。
 以上が昨日の四山鉱正門前における事案でございます。

○阪上委員 質問
 ただ単に警察がそういった暴力団等に弱いというばかりでなく、最近のこういった争議の状態に対する警察の態度を見ましても、 また一つ、会社側、経営者側に非常に弱いということが私は指摘できると思うのであります。
 御承知のように今度の27日の夜におきましても、会社側は人夫150人を防衛のために雇っておる。こういった事実は最近の乱闘騒ぎ が起こる争議に間々ありがちなのであります。
 事例は幾らでもあります。これに対しては、この前の委員会等においても、われわれば数回指摘してきた問題でありますが、全然 あなた方の方で配慮されていない。当然そういうことがあの状態下において行なわれるであろうというような考え方は、犯罪を事前に 防止するという建前からも持っておられなければならぬと私は思うのでありますけれども、そういった点についての配慮というものが 全然欠けておる。そういう意味においても、私は何らかの意味において経営者側に非常に弱い、こういうことが言えると思うのであり ます。
 この問題につきまして、警察側は弱くはないんだとかなんとか言っておられますけれども、今言ったような点から考えても、非常に 何か含みのある態度をとっておられる。今回の争議に対して、前段において、この乱闘事件を引き起こすまでの間における警察の態度 は、労働争議に介入しないというりっぱな方針をとっておられたということは私も認めますよ。それだからといって、乱闘事件が起こ り、犯罪が起こっているときに、警察がこれに対して依然とし労働争議不介入の考え方を持って、勇気を持って決然たる処置をされな かったということについては、私は非常に間違いじゃないかと思います。
 新聞の報ずるところによってごらんになってもおわかりでしょう。あの乱闘直前になっておる姿を見ながらも、数百名の警察官がお って、ただ単に宣伝車でもって、乱闘はいけません、けんかしちゃいけませんということをマイクの上から声でもって伝えておるにす ぎないじゃありませんか。何もしてないじゃないですか。警察官に負傷者が出るということは私は望みません。見なかったことを非常 に私は喜んでおります。しかしながら、1名の負傷者も出なかったという状態は、このことを如実に物語っておる。労働争議に不介入 であるということは私は非常にけっこうだと思いますけれども、そういった考え方をいつまでも引き延ばして、現に犯罪が行なわれて おり、かつ明瞭な危険が行なわれておるということについて何らの処置をしなかったということは、一体どういうことなんですか。 労働争議の不介入と、この問題は性質が違うじゃありませんか。

日本刀など凶器を積んだトラックが四山鉱正門前に停車した

ピケ隊に襲いかかる会社側の暴力団

遺族

 あなたを担架で運んだコンクリートの道の上には、あなたの赤い血が夕闇の中に、私たちの 行く道を正しく示しているかのように、どこまでも続いていました。久保さん、あなたと魂を一つにして闘い続けてこられ た奥様は、冷たくなってしまったあなたを抱きかかえて、一晩中泣きつづけられました。久保さん、奥様の肌のぬくもりを 感じられましたか。そのぬくもりは全国の働く仲間の体温です。この全国のきょうだいの怒りの声があなたに聞こえますか。 みんな歯ぎしりして泣いていました。仇を打たせてくれと。
(昭和35年3月31日久保さん仮組合葬における主婦会代表誓いの言葉より)
 

BACK NEXT