三池労組強制捜査  (提供写真)


 

 昭和35年4月7日、組合本部を2000人の警官で包囲し、同時に5箇所の支部も一斉に捜索した。

捜索に伴い組合事務所周辺を警戒する警察側

 

捜索に伴い組合事務所周辺を警戒する警察側

 

 強制捜査により三池労組組合員16名が全国手配され、その内13名は自主的に大牟田警察署へ出頭 した。写真は、昭和35年4月29日、その出頭寸前、1千数百名の組合員から激励を受けているところである。

 逮捕前、仲間に挨拶する谷端三川支部長。控えめながら責任感は強く人望があったという。 新港社宅出身で、1200名の解雇者の中の1人であった。

BACK NEXT