全気象オルグ(1)


 次の写真は、気象庁職員だった稲浦さん(大正14年生まれ)が、全気象労働組合(略称・全気 象)の大阪分会長だった昭和35年7月20日から同月23日までの4日間オルグとして三池闘争に参加したときに撮った記録である。

後列左から3人目が稲浦さん。撮影場所は、熊本県荒尾市に あった三井鉱山緑ヶ丘社宅敷島町。

 三井三池鉱業所三川鉱ホッパー前のビニール小屋。
 同所に掲示されていた「公示」の看板には「本たてものは労働組合の所有物である。したがって、何人と雖もこのたてもの を損壊してはならない。もし損壊した場合は刑法第260条建造物損壊の罪に當り、懲役5年以下の刑罰に処せられる。右行為を おかした者は現行犯として刑事訴訟法第213条により、組合行動隊員によって逮捕せらるべし。且損壊した犯人は民法第709条 により、一棟につき金50萬円の損害賠償を請求せらるべし。以上。1960年7月17日 労働組合」と掲示されてある。

労働歌「がんばろう」の練習に励む全学連の若者たち

横断幕「不当」の文字の下に「そば志るや」の看板が見える

松本治一郎率いる部落解放同盟の婦人たち

三川鉱ホッパー前におけるNHK報道カメラ

BACK NEXT