三池主婦会逮捕事件  (Tさん提供写真)

 昭和35年3月に起きた久保さん刺殺事件後の4月1日、政府は閣僚会議を緊急に開き、三池への 警察力大量投入を決定した。
 それ以降、警察は労働争議に積極的に介入するようになり、三池労組組合員やオルグを相次いで逮捕していった。
 そんな中、警察は三池主婦会の主婦に対しても容赦しなかった。
 5月3日、港務支部臼井分会の谷さんを傷害で逮捕し、これに抗議して大牟田警察署に押しかけた三池主婦会の主婦3人を 次々に逮捕していった。5月11日には4人が別の傷害で逮捕された。その数は43名にものぼった。
 警察での取調べは、おどかし、からかい、挑発の中ですすめられたが、完全黙秘で闘い抜いた。決してそれは楽ではなかっ たが、外から聞こえてくる「がんばろう」等の仲間らによる歌声が、弱い一人ひとりを助け励ました。(三池主婦会20年 参照)

 

 

子供たちの目前で逮捕連行される母親

子供たちの目前で逮捕連行される母親

 

大牟田警察署に抗議する三池主婦会ら

BACK NEXT