石炭政策転換闘争


 

(写真提供:織田さん)

 昭和37年11月20日、石炭政策転換闘争のため上京。その通産省前における西部第5大隊第21中隊第2小隊3班。

 その1年後の昭和38年11月9日、三井三池三川坑で大爆発が発生した。そんな中、写真後列左端に写っている宮島重信さんは、 その時被災し、意識不明ながらも24時間振りに坑底から引揚げられ、かろうじて一命は取りとめた。しかし、命は助かったものの、 CO患者となって熊本大学付属病院で10年間闘病生活を強いられることになる。その間、一度も意識を回復することはなかった。 鼻には管が通され流動食が送られた。喉はタンを吸い取るために切り裂かれた。頭髪は抜け落ち、床ずれした背中や腰は腐食し、 一部骨が露出さえしていた。そして、両親や兄の不眠不休の看病もむなしく、1974年1月6日、ついに一言も発することもなく、息 をひきとった。まだ33歳だった。また、それより先の事故から5年後、兄もまた看病疲れからくる過労により亡くなっている。
 この大爆発の責任を問われた裁判では、三井鉱山は不起訴となり、誰一人責任を問われることも無く、むしろそのことで力を得 た会社は満足な対応をすることもなく遺族らに冷たかった。
 三池争議後、会社は生産第一主義に走り、保安をおろそかにした結果がこれだった。ひとつ事故が起きてしまえば、第一も第二 も関係なく、多くの者が死に、あるいは生き地獄を味わう。その教訓を残した。しかし、この教訓は現在活かされているだろうか。

(写真提供:atukoさん)

東京・はとバスのりば(写真提供:reikoさん)

BACK NEXT