「平和の光」像  旧滋賀県坂田郡米原町


 1946(昭和21)年の醒井小学校民族学級開設の後、1951年頃米原小学校にも民族学級が開設され、二クラス約60人が学んだ。 教室は、体育用具を入れる倉庫みたいな所から始まった。児童の多くの父兄らは、終戦により解放された大阪俘虜収容所第10分所(米原町梅ヶ原)の捕虜に 代わって、米原駅西口に拡がっていた入江内湖の干拓工事に雇われ従事した。しかし、1960年11月、朝鮮帰国事業によりその多くが集団帰国すると、同校民族 学級は1964年頃閉鎖された。


(写真提供・滋賀朝鮮初級学校)

 1961年3月、旧米原小学校民族学級における湖北朝鮮初級学校卒業写真。
 前列右から3人目が、1946(昭和21)年に醒井小学校に民族学級を開き、その後旧米原小学校民族学級担任を経て湖北朝鮮初中級学校校長などを歴任された 李圭台(リ・キュテ)先生(故人)。現在その孫が祖父の遺志を引継ぎ、滋賀朝鮮初級学校の教員となっている。

「平和の光」像 (2012年2月21日撮影)

 旧米原小学校に立つ「平和の光」像。「贈 平和の光 朝鮮民主主義人民共和国帰国記念 1960年11月22日」と記されてある。
 その除幕式は1960年11月24日、同校教職員並びに児童六百数十人、町会議員、PTAなど多数が出席して盛大に催された。「たとえ身は朝鮮に帰っても、 ここで仲よく住んでいたように、いつまでも仲よくしよう」との願いが像には込められている。除幕式の終わりには参列者一同に紅白マンジュウがお祝いとして 配られた(昭和35年11月25日付け中部日本新聞)。

旧米原小学校(2012年2月21日撮影)

 当時の校舎は、東側と裏側にも建っていた。現在裏側には保育園が建つ。校舎前広場はかつての運動場。

北側から見た旧米原小学校(2012年2月21日撮影)

 1955(昭和30)年の滋賀県在住朝鮮人(韓国・朝鮮)人口によると、坂田郡米原町253人、坂田郡醒井村268人で あったが、1960(昭和35)年、両町村合併による米原町77戸351人、1965(昭和40)年米原町177人、1984(昭和59)年米原町68人、1996(平成8)年 米原町37人、と推移していった。

校舎内(2012年4月15日撮影)

BACK